お知らせ・メディア掲載情報

【レポート】共同プロジェクト授業『感情の学び』私立新渡戸文化小学校様

こんにちは。

個性教育学インストラクターの斎藤友美(ともみん)です。

 

現在、子ども未来がっこうでは、

小学校との共同プロジェクトをスタートしています。

 

今回は、私立新渡戸文化小学校様と一緒に、

「感情の学び」について取り組むことになりました。

子ども未来がっこうの「フィーリングカード(感情カード)」を教材として使いながら、

2024年6月から9月まで、計10回の授業を予定しています。

 


私たち子ども未来がっこうでは、

大人も子どもも、

自分を大切にし、自分らしくありのままで幸せに生きていくために、

「感情」を育む関わりを3つのテーマで用意しています。

 

エモーショナル エデュケーション(Emotional Education)

  1. エモーショナルヘルス(Emotional Health):フィーリングカード(感情カード)&ワーク
  2. エモーショナルコミュニケーション(Emotional Communication):才能タイプ
  3. エモーショナルインテリジェンス(Emotional Intelligence):MI理論

 

 

感情について学ぶことは、

SEL教育(Social Emotional Learning)として、

アメリカやオーストラリア、そして近年は日本でも注目されています。

  • 自己受容、自己肯定感を育む
  • 他者を理解し、思いやる心が育まれる
  • 感情のコントロールができるようになる
  • 健全な人間関係を育む力になる
  • 心の健康に繋がる
  • 自分を大切にする意思決定ができる

対人能力や共感力、自己理解や感情制御力を育てることに繋がります。

 

「ありのままの自分が好き」と認められる気持ちは
「ありのままの感情」を認められた経験から作られます。

そのために、

子供の感情を理解する力や受け止める力
子供が自分の感情を言語化したり
表現する力を育むサポートが必要です。

 


 

私立新渡戸文化小学校様との共同プロジェクトで、

先日、前半の4回の授業が終了しました。

 

前半では、

「自分の感情を知ろう」

「感情を表現してみよう」

「感情と身体の繋がりを考えよう」

をテーマに取り組みました。

 

最初は、自分の気持ち(感情)を言葉にすることを恥ずかしがっていた子どもたちも、

3回目の授業からは、

次のような変化が見られました。

  • 感情を表現することに対する抵抗感の薄れ
  • 感情を表現するボキャブラリーの増加
  • お友達の感情を受け止め、共感する力の向上

この先、

「感情の学び」が子どもたちにどう影響していくのか、続きの授業もとても楽しみです。