協会概要

どんな協会なの?

一般社団法人 子ども未来がっこう

2016年9月一設立。

ポジティブ心理学、脳科学、NLP、コーチングを合わせたオリジナルメソッドを展開。 “潜在意識を味方につけ、子どもが本来持っている才能、可能性を引き出す究極の子育て法”として、認定講師が全国、海外で講座が開催されている。 幼稚園、小学校、中学校への授業も行っており、これまで1000人以上の親子が受講。

その後、受験合格、優勝、成績アップなど、子どもたちの夢や目標がかなったという、うれしい知らせが絶えない。

子ども未来がっこう

IQよりも、これからの子どもたちが身につけたい大切な力「未来創造力」

AI(人工知能)の研究者であるマイケル・A・オズボーン准教授らの論文『雇用の未来—コンピューター化によって仕事は失われるのか』によると、47%の仕事が10〜20年後には機械によって代わられるという予測がされています。
さらに米デューク大学の研究者であるキャシー・デビッドソン氏の研究によると、子どもたちは65%は今ない仕事についていると予測されています。
もちろん、今ある仕事も20年、30年前にはない仕事がたくさんあります。しかし、今の大人が体験する変化のスピードと、子どもたちがこれから体験する変化のスピードは明らかに違います。

子どもたちが生きる未来は、変化のスピードが速く、今、残る仕事を予測しても正解はわからない時代なのです。
つまり、21世紀は正解がない社会を子どもたちは生きることになるのです。その正解がわからない時代を生き抜くにはどんな力が必要でしょうか?

子ども未来がっこうは、自分と未来を信じて、自分で輝く未来を創っていく力「未来創造力」と考えています。
「未来創造力」は3つの力から成り立っています。

自分と未来を信じて“輝く未来を創る力”

自己信頼力
  • 才能
  • レジリエンス

自分を受入れ、自分を信頼する力。
自分のすばらしさ(才能)を知り、認めている。
自己信頼が高まると困難を乗り越える力(レジリエンス)も育まれます。

言葉力
  • 考える力、知恵
  • 知恵

言葉は思考の源であり考える力。
考える力は知恵を生み出し、他者とコミュニケーション、繋がりから新たなものを生み出します。

想像力
  • 行動力
  • 意欲

想像は行動の源、未来を創る力。
間は必ず頭で想像してから行動をします。良い想像ができれば良い行動に繋がります。

子ども未来がっこうの授業では、を紙芝居や教材を使いながら「自己信頼力」、「言葉力」、「想像力」を高める講座を行っています。
また無意識(潜在意識)レベルから子どもたちにプローチし、子どもたちが持って生まれた才能を引き出します。

代表理事のご紹介

子ども未来がっこうのミッション

未来創造力を育み
才能を活かし合い、才能を分かち合う世界を創る

一般社団法人子ども未来がっこう 代表理事 齋藤直美

2006年株式会社ミュゼ設立。

心理学、脳科学、潜在意識の特性を活かしたオリジナル研修プログラムを展開し、大手企業、官公庁の人材育成、組織活性化の研修を行い、5万人以上の人材教育に携わる教育のプロフェッショナル。 「褒め方・叱り方」の専門家としてテレビ、新聞、雑誌に多数取り上げられている。

2016年、潜在意識と子育ての関係をまとめたオリジナルメソッドを構築し、一般社団法人子ども未来がっこうを設立。“潜在意識を味方につけ子どもが本来持っている才能、可能性を引き出す究極の子育て法”を伝えている。現在、認定講師が日本、海外で講座を開催し活躍している。
これまで1000人以上の親子が受講。

その後、受験合格、優勝、成績アップなど、子どもたちの夢や目標がかなったといううれしい知らせが絶えない。

出演メディア・書籍

「ホンマでっかTV」(フジテレビ)「新・情報7DAYSニュースキャスター」(TBS)、 「グッドイブニングニュース」(NHK)などテレビ、新聞、雑誌など多数メディアで取り上げられている。

『著書「ほめる・しかる」で部下を劇的に伸ばす!「20代男子」
戦力化マニュアル(日本実業出版社)』、『叱り方ハンドブック』(中経出版)、
あたりまえだけどなかなかできない『叱り方のルール』(明日香出版社)
『部下がついてくる人、離れていく人の叱り方』(あさ出版)
『なぜあの上司は若手の心を開くのか』(青春出版社)
『潜在意識が子どもの才能を伸ばす』(さくら舎)

代表理事からのメッセージ

齋藤直美 一般社団法人子ども未来がっこう 代表理事

あなたのお子さんには無限の可能性があります。

自分の才能を最大限に活かし、社会で活躍できる一流の人材になる。それは決して夢物語ではないのです。 子どもには、失敗を恐れず、何事にもチャレンジして、立派にやり遂げられる大人に成長してほしいと願うものですよね。そんな大人に成長できるかどうかのカギを握っているものが「潜在意識」なのです。

潜在意識、聞きなれない言葉かもしれませんね。実は、あなたがお子さんの潜在意識にどのようなアプローチをしていくかで、その後のお子さんの人生が180度変わっていくかもしれないのです。

潜在意識とは、私達が普段“意識することのできない意識”のことです。 自分では自覚もコントロールもできない領域です。潜在意識には過去のすべての経験や感情が記録され、それを基に「私はこういう人生を歩むだろう・歩むべき」という行動や思考・感情の土台となります。

そしてその土台を基に「人生の台本」というものができ上がります。 人生の台本とは「世界はこうあるべきと、信じていること」や「物事はこうだ」というような確信している気持ちや感覚のことで、無意識の思い込み、価値観、前提、信念、観念のようなものです。

たとえば、同じくらいの能力を持っていても、「私はできる人」という台本を持っている人と「私はできない人」という台本を持っている人とではまった異なる人生を歩むでしょう。 「私はできる人」という台本を持っている人は、困難や逆境があったとしても、「できる」と信じていますから、途中であきらめることなく夢をかなえることができます。

しかし、能力が同じでも「私はできない人」と思い込んでいる人は、失敗が怖くてチャレンジできず、困難、逆境を目に前にするとすぐにあきらめてしまうのです。

人生の台本は、6歳までに8割、12歳までに100パーセントでき上がると言われています。つまり、12歳までの子育ては、「子どもの人生を決定づける重要な台本作り」のための、大切な時期なのです。 では、実際に人生の台本はどのような経緯で作られていくのでしょうか。 実は、一番影響力があるものは、親のかかわり、言葉がけです。 子どもはすばらしい才能、能力を授けられて生まれて来ます。そのすばらしい才能、能力を引き出し、発揮させることができるような台本を育んであげたいものです。

しかし、無意識の親のかかわりや言葉が、逆に可能性を閉じるような台本を育んでしまうことがあるのです。良かれと思ってかけた言葉、子どものために言った言葉、子どもの幸せを願っているつもりが、逆効果になってしまうことがあります。

子ども未来がっこうでは、お子さんは本来持っている才能、能力を活かし、自分らしい人生を歩むことができるように、潜在意識にある人生の台本のより良い育み方が学べます。

潜在意識を味方にする子育ては、子どもが才能を活かすことできるために、結果的に学力が上がることも期待できます。 さぁ、潜在意識を味方につけた究極の子育てのはじまりです。一緒に、お子さんの未来を育んで行きましょう!

協会概要

団体名称
一般社団法人子ども未来がっこう
設立
2016年9月
代表理事
齋藤直美
所在地
名古屋市中村区名駅3-24-8三立ビル3階株式会社ミュゼ内子ども未来がっこう事務局
電話番号
052-589-6318
メール
contact@mirai-gakko.or.jp